ニュースPICK UP
新着情報INFORMATION
イメージ
2016年4月16日付の情報
イメージ
2016年4月9日付の情報
イメージ
2016年4月2日付の情報
イメージ
2016年3月26日付の情報
イメージ
2016年3月19日付の情報
生活・文化面「インフォメーション」では、皆様からの催し等の情報を募集しております。

新聞編集部 『インフォメーション』 係
お問い合わせは、TEL 03-5579-2432まで。

「インフォメーション」への投稿フォームはこちら
キリスト新聞社の本PICK UP
イメージ
新約聖書の学び

これでわかる! 新約聖書の基礎知識
 新約聖書への最適の案内書!


新約聖書のイエスへ──
新約聖書の主人公というべきイエスはキリスト教において決定的な位置を占めている。「イエスとは誰か」を解明することこそ、キリスト教の神学に問われる最優先のテーマのひとつであり、本書はそうした新約聖書に初めて接する読者の方への最適の道案内である。


【目 次】
序 新約聖書の基礎知識
第Ⅰ部 新約聖書の背景第
 第1章 歴史的背景~紀元前6世紀以降
 第2章 紀元1世紀のユダヤ人社会(1)
 第3章 紀元1世紀のユダヤ人社会(2)
第Ⅱ部 イエスの生涯とメッセージ
 第4章 イエスの誕生参考文献
 第5章 イエスの先駆者~バプテスマのヨハネ聖書地図
 第6章 イエスの言葉によるメッセージ(1)~神の国と隣人愛年表
 第7章 イエスの行動によるメッセージ(2)~奇跡と共食
 第8章 イエスの弟子たち
 第9章 イエスの死と「復活」
Ⅲ部 初期キリスト教と新約聖書
 第10章 初期キリスト教の成立と展開
 第11章 新約聖書の誕生(1)~書簡文書
 第12章 新約聖書の誕生(2)~福音書・使徒言行録・黙示録
むすび  イエスとは誰か


【著者】越川弘英(こしかわ・ひろひで)
1958年、東京に生まれる。同志社大学神学部、シカゴ神学校卒業。日本基督教団巣鴨ときわ教会牧師を経て、現在、同志社大学キリスト教文化センター教員。季刊『Ministry(ミニストリー)』編集主幹。

【著書】
『今、礼拝を考える─ドラマ・リタジー・共同体』、『十字架への道、復活からの道─レントとイースターのメッセージ』、『キリストの生まれるところ─アドヴェントとクリスマスのメッセージ』、『聖霊降臨と神の民─ペンテコステと行事暦のメッセージ』、『(編)聖霊の降臨─使徒の働き、初期教会の歩み』、『(編)「健康な教会」をめざして─その診断と処方』、『礼拝探訪─神の民のわざ』『旧約聖書の学び』(以上、キリスト新聞社)他

【訳書】
ポール・バスデン『現代の礼拝スタイル─その多様性と選択を考える』(共訳、キリスト新聞社)他

【 A5判・並製・308頁・本体2,000円+税 】

[キリスト新聞社]ISBN978-4-87395-711-1

e-shope-shop教文館で購入
amazon.co.jpで買う

新約聖書の学び
イメージ
アメリカ映画とキリスト教 -120年の関係史

あの名作映画に隠されていた、キリスト教の影響とは!?


佐藤優氏推薦!

「アメリカのキリスト教の性格について掘り下げた傑作だ。人工的なアメリカ社会では、アメリカ人という概念は自明でない。アメリカ人である(being)ということではなく、アメリカ人になる(becoming)という生成過程が終わることなく続いている。その過程にアメリカ型のキリスト教が組み入れられていることを木谷佳楠氏は、この作品の中で見事に描いている。映画に代表されるようなアメリカ文化の「原材料」を日本人の消費者ももっと認識する必要があると本書を読んで痛感した。
木谷氏は、<この「原材料」を知ることは、絶えず変化し続ける現代の映画というメディアに代表される大衆文化と、それを受容する我々に語りかけているのか、ということを模索するものである。神は聖書という書物の中に硬直したまま留まっているのではなく、現代の我々の間に生きて働かれているのである。>ということが、本書からリアルに伝わっている。表象文化論の形態を用いて、木谷氏は、北米のキリスト教が終わることのない土着化の過程にあることを見事に描くとともに、この過程には、当事者が認識していなくても神が介入しているという現実が示されている。木谷佳楠という才能を得たことで、同志社神学の新しい頁が開かれることになる。」
推薦者 佐藤優(作家・元外務省主任分析官)


自由・平等・民主主義が基本理念であるアメリカで製作される映画において、憲法修正第1条で守られた信教の自由、言論の自由は本当に有効なのであろうか。本書はこの問いを中心に、一般に「表現の自由」が守られていると見なされているアメリカ映画において、実はいかにきわめてキリスト教に近いアメリカ独自の宗教的価値観が影響力を及ぼし、映画表現のあり方をコントロールしてきたのかについて、映画とキリスト教の約120年における関係性を通史的に考察することで明らかにしようとするものである。(本書「はじめに」より)


本書で引用されている映画
『オーバーアマガウの受難劇』
『イントレランス』
『キング・オブ・キングス』
『アメリカ・アメリカ』
『ベン・ハー』
『波止場』
『サイコ』
『地球が静止する日』
『パッション』など

【著者】木谷佳楠(きたに・かなん)
同志社大学神学部、同大学神学研究科博士課程修了。現在、同志社大学神学部助教。

【 A5判・並製・206頁・本体1,600円+税 】

[キリスト新聞社]ISBN978-4-87395-710-4

e-shope-shop教文館で購入
amazon.co.jpで買う

アメリカ映画とキリスト教 -120年の関係史