ニュースPICK UP
新着情報INFORMATION
イメージ
2016年4月16日付の情報
イメージ
2016年4月9日付の情報
イメージ
2016年4月2日付の情報
イメージ
2016年3月26日付の情報
イメージ
2016年3月19日付の情報
生活・文化面「インフォメーション」では、皆様からの催し等の情報を募集しております。

新聞編集部 『インフォメーション』 係
お問い合わせは、TEL 03-5579-2432まで。

「インフォメーション」への投稿フォームはこちら
キリスト新聞社の本PICK UP
イメージ
<キリスト教カウンセリング講座ブックレット15> 人生の後半戦とメンタルヘルス

「人生の後半戦」としての中年期に、ストレスとどうつきあうか

人生の新しい段階でストレスは増加します。中年期への移行の際の危機こそ、人生最大の危機だといえます。聖書にふれながら、その危機を乗り越えるためのメンタルヘルスと生活管理を考えるための一冊です。

【目次】
第1章 ストレスとメンタルヘルス
第2章 人生後半戦という視点
第3章 時間の使い方
第4章 ストレスと問題行動
付 章 お気に入り図書

【著者】
藤掛明(ふじかけ・あきら)
聖学院大学准教授。臨床心理士。博士(学術)。牧会塾非常勤講師。日本描画テスト・描画療法学会理事、日本犯罪心理学会理事。


■好評シリーズ キリスト教カウンセリング講座ブックレット
*第1回配本*
自殺危機とそのケア 斎藤友紀雄著 本体1,200円+税
*第2回配本*
キリスト教カウンセリングの本質とその役割 賀来周一著 本体1,500円+税
*第3回配本*
子育てと子どもの問題 村上純子著 本体1,500円+税
*第4回配本*
はじめてのカウンセリング 佐藤誠著 本体1,200円+税
*第5回配本*
悲しんでいる人へのケア 斎藤友紀雄著 本体1,200円+税
*第6回配本*
統合失調症とそのケア 石丸昌彦著 本体1,600円+税
*第7回配本*
うつ病とそのケア 山中正雄著 本体1,200円+税
*第8回配本*
老いを生きる 3刷 加藤常昭著 本体1,400円+税
*第9回配本*
聖書におけるスピリチュアリティー・スピリチュアルケア
大柴譲治、賀来周一著 1,700円+税
*第10回配本*
アルコール・薬物依存症とそのケア
谷口万稚著 1,400円+税
*第11回配本*
老いとそのケア 2刷
斎藤友紀雄著 1,400円+税
*第12回配本*
ミドルエイジの問題
石井千賀子、加藤麻由美著 1,500円+税
*第13回配本*
自分を知る・他人を知る―交流分析を土台に
賀来周一著 1,500円+税
*第14回配本*
健康への歩みを支える―家族・薬・医者の役割
石丸昌彦著 1,600円+税
*別冊*
災害とこころのケア
斎藤友紀雄、賀来周一、藤掛明著 1,200円+税

カウンセリングを学ぼうとする人々のための標準的な参考書
新装版 よい相談相手になるために -クリスチャン・カウンセラー入門 キリスト教カウンセリングセンター編 本体2,400円+税

●訂正とお詫び
本書の奥付頁におきまして、下記の訂正がございます。ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

(誤) 編者 キリスト教メンタルケアセンター
(正) 編者 キリスト教カウンセリングセンター

【 A5判・並製・140頁・本体 1,500円+税 】

[キリスト新聞社]ISBN978-4-87395-712-8

e-shope-shop教文館で購入
amazon.co.jpで買う

<キリスト教カウンセリング講座ブックレット15> 人生の後半戦とメンタルヘルス
イメージ
イラクのキリスト教

2000年の歴史をひも解く

誕生間もないキリスト教が最初に伝えられ、宣教の中心地でもあったエジプト、シリア、イラク、トルコなどにおいて、最近キリスト教会の迫害が目立っている。ところが、なぜか一部を除いて、マスコミもその悲惨な状況を報道しない。いまこそ世界のキリスト教徒が教派を超え、一致して声をあげる時ではなかろうか。石が叫びだすまで、われわれは沈黙していて良いのであろうか。中東やアフリカの地に残されている尊いキリスト教信仰の霊的・物的遺産を大切にし、彼らに対する迫害が止み、平和な世界が訪れることを願わずにはいられない。(「訳者あとがき」より)


【著者】スハ・ラッサム
モースルの医師の家族の中で生まれる。バグダッド大学医学部で助教授として教える。1990年に、さらなる医学の研究のために英国に渡る。それ以来、ロンドンの病院で働く。医学博士。同時に、ロンドン大学東洋アフリカ研究所(SOAS)で東方キリスト教について研究し、修士号を取得。東方教会について英語で書かれた資料が乏しいことに気づき、本書を 2005年に出版。さらに、さまざまな会議等で講演を重ね、欧米の人たちにも中東のキリスト教、特にイラクのキリスト教についての知識が次第に浸透しつつあることを感じている。2008年には「教会に特別に貢献した婦人」、2016年に「聖墳墓メダル」を授与された。

【訳者】浜島敏(はまじま・びん)
1937年、愛知県で生まれる。67年明治学院大学大学院文学研究科英文学専攻修了。68年四国学院大学赴任、2004年定年退職。現在同大学名誉教授。1974~ 75年、英国内外聖書協会、大英図書館、オックスフォード大学図書館、1995年~96年、ロンドン大学、ヘブライ大学等にて在外研究。2006年、日本聖書協会より聖書事業功労者として表彰。英語学、聖書翻訳に関する著書、論文多数。聖書コレクターとして現在800冊あまりの聖書を蔵書。


【目次】
第一章 中東におけるキリスト教の母体
第二章 最初の四世紀
第三章 五世紀と六世紀
第四章 七世紀から十六世紀まで
第五章 十六世紀から二十世紀まで―オスマン支配のもとで
第六章 二十世紀―現代イラク国家
第七章 二十一世紀

【 四六判・並製・336頁・本体 2,300円+税 】

[キリスト新聞社]ISBN978-4-87395-706-7

e-shope-shop教文館で購入
amazon.co.jpで買う

イラクのキリスト教